News & topics

自宅でテレワークに集中できるお家づくりのご提案【前編】

 

ウイルス感染により亡くなられた方々にお悔み申し上げると共に、被患されている方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

コロナウイルスの蔓延を防ぐためにテレワークを導入されている企業が多いかと思います。

 

テレワークとは

情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。

テレワークは働く場所によって

・自宅利用型テレワーク(在宅勤務)

・モバイルワーク

・施設利用型テレワーク(サテライトオフィス勤務など)

上記の3つに分けられます。

 

今回は自宅利用型テレワークにフォーカスを当てて、集中してテレワークができるお家づくりのご提案をさせていただきます。

 

自宅でテレワークを行うにあたってのデメリットとして

『仕事のON・OFFの切り替えが難しい』

『お子様の声や家事などの生活音が気になってしまい集中できない』

という声が多くあります。

 

そこでecomoがご提案するのは、仕事部屋を1つ作ってしまおう!!ということです 。

 

これまではお仕事の為に寝室やリビングの隅にカウンターを設ける方が多くいらっしゃいましたが、緊急事態宣言が発令されて以来「1帖でもいいので個室が欲しい!」等、個室をご希望されるお客様が増えています。

 

施工事例にも掲載されているK様邸では玄関を入るとすぐにご主人様の仕事部屋があります。

 

 

寝室やLDKから独立させることで『仕事をする部屋』と認識させ、少しでもプライベートと切り離すようにすると集中力が上がりいつまででも仕事をしてしまうということを防止することができます。

 

 

広さはちょうど1坪。

1坪でもこんなにパソコンを置けて広々と使えます。

K様の仕事部屋にはカウンターを造作しました。

書類や書籍を置かれたい方は棚を作るのも良いですね。

 

声や生活音の対策については次回お伝えしたいと思います!!