耐震工事 2期目スタート

前回ご紹介した耐震補強工事の現場です。

1階と2階の工事スケジュールを分け、2階から施工を始めましたが、2階の内装工事も終了し、1階の工事が始まりました。

2階もそうでしたが、今回は断熱材の入れ替えまで行う工事の為、耐震補強箇所以外の壁も全て解体しています。

DSC_6321 (480x640)

耐震補強は、まず今の家にどの程度の強度があるかを調べる「耐震診断」から始まり、その後に補強設計をしていきますが、最低基準以上の強度にすることが目的となります。

そのため最低基準を大きく上回る補強も可能なのですが、補強箇所が増えるだけではなく、そもそも補強に必要な壁が少なく、壁を増やす工事が必要になったりと、費用も大きく膨らんでしまいます。

最低基準以上であれば、どこまでの補強をするかはお施主様次第ですので、まずは希望をお伝えいただければと思います。

DSC_6330 (640x480)↑施工後の金物等の確認もしっかり行っております!

リフォーム部 田口

 

 

耐震補強工事中

柱と土台に耐震補強用の金物を設置しているところです。

2階 柱止め X6,Y7 柱脚 (640x480)
藤沢市からの耐震補強工事の補助金申請のため、このような耐震補強箇所が確認できる写真を全箇所撮影しています。

内装を含めた大規模なリフォームをお考えの場合は、耐震補強工事も併せて行うと、補強工事のためだけに内装を復旧・補修する、ということがなくなるので、とってもお得ですよ!

 

リフォーム部 田口

鎌倉市で中古購入の家屋調査を実施!水圧検査もおこないました

鎌倉市で、中古戸建ての全面リフォームの相談を頂戴しております。

先週は、耐震診断・住宅診断等をおこなってまいりました。

間取り変更に向けて、調査員と共に私も屋根裏に侵入し、梁伏せ等を確認!

住宅診断

工事部の鈴木は自分に比べ身軽なので、スイスイ進んで調査してます。


 

高台にある戸建てですので、水圧調査実施。

生活するに足りなければ、増圧の費用が掛かってしまいます。

結果、0.25MPaあれば問題ないと言われておりますところ、約0.45MPaありました。充分な水圧でした。朝夕はもう少し下がるかと思います。

家屋診断

リフォーム部 栗原

藤沢市で耐震診断。お住まいの耐力を調べ補強方法を提案します!

耐震診断!床下に潜ったり天井裏に上ったりと、お住まいを隈なく調査します。

ecomoでは木耐協(日本木造住宅耐震補強事業者協同組合)に加盟し、安心して暮らせる住まいを提案できるよう取り組んでおります。

耐震診断

こちらは天井裏の画像、筋交いが見えますね!

建築時の図面にも、筋交いの有無が分かる表記がされていますが、調査で実際に筋交い等を確認し、建物の劣化等も調べて総合的に判断していきます。

耐震診断

こちらのお宅では、床下からの調査では診断不可能な箇所がありましたので、1箇所天井点検口を設けての調査を、お客様のご了承のもと行いました。

耐震診断を経て、耐震補強設計、耐震補強工事と進んでいきます。

リフォーム部 栗原

 

家の状態を知るには!リフォーム前のホームインスペクション

リフォーム相談中のお客様宅で、家屋診断を行ってまいりました。

診断員は、監督の鈴木です。

20160225sindan1

外まわり、屋内、床下、屋根裏等、必要な個所を

調べていきます。

被災の履歴、過去のリフォーム履歴等はお客様にヒアリング!

20160225sindan2

藤沢市のT様邸は、築17年です。

17歳の家は、17年分くたびれています。

大きなリフォームをするにあたり、家のくたびれている箇所を補修したり、

耐震性能を上げたりと、

安心して長く住める家に、という提案を、

ecomoでは行っております。