床下珪藻石を天日干し中。

暑いですね!!

今日はとってもお天気が良く湿度もそこまで高くないので、使用済み床下珪藻石を天日干ししているところです。

 

P10500911

梅雨時期のジメジメをたっぷり吸収した珪藻石も乾燥させればまた使えるようになります。

 

リフォーム部 鹿又

 

床下調湿工事 施工中

今日はとあるお家で、床下の調湿工事を実施しました。

ecomoでは床下に珪藻土を石にした「珪藻石」を入れて、調湿をおこないます。

改修工事などで床を一度解体する現場であれば、比較的作業も楽なのですが、今回はそうではない現場の為、職人が狭い床下に潜っての作業となりました。

珪藻石を入れるだけでも大変な作業ですが、床下が土の場合は、まずビニールシートを敷く作業からスタートするので、結構大変です。

と言っても、私は潜れるような体ではないので体験談ではありませんが、見ているだけで誰でもそう感じると思います。

DSC_5756 (640x480)

また、珪藻石を入れるのと同時に、外周に設けてある通風孔も閉じています。

これにより、夏場は外の湿気が床下に入ってこない、冬場は外の寒い空気が床下を流れないため床が底冷えしない等のメリットがあります。

床下は普段見ることが難しい場所の一つですし、家の構造で最も重要な土台があります。

ここをしっかりメンテナンスすることをお薦めします。

リフォーム部 田口

 

ここまできれいに!大谷石の洗浄・防汚工事

ブロック塀の門まわりに、大谷石を使われているお客様から、相談のお電話がありました。

「カビなのか?赤黒く変色して汚いので、きれいにしたい」ということでした。

大谷石清掃前

大谷石は汚れの他にも、劣化して弱くなったり崩れてきたりします。

そんな時な洗浄と保護!

大谷石 洗浄後

汚れの付着や染み込みをガードしてくれます。

ブロック塀やコンクリートにも施工可能です。

梅雨入りし、雨のかかることも多いので、ちょっと家の外にも目を向けてみて下さい。

リフォーム部 栗原

アレルギーの原因に?マンションのカビ対策を真剣に考える 2

マンションの結露やカビ対策、今回は現在工事中のお客様宅から

お届けします。

マンション カビ対策工事

サッシのある面が外に面する躯体壁で、

白い壁(画像右側)が、お隣りとの間仕切り躯体壁です。

外に面した躯体壁にカビが発生したので、このたび壁を二重にする工事を行っております。

室内とコンクリート躯体との温度差でカビが発生したものと思われます。

まだ内装仕上げ前の石膏ボードの段階の画像です。

(この段階の方が、どのように施工したか見やすいので)

木で下地を組み石膏ボードを貼りました。

入隅から20cm程度、間仕切り壁も二重にしました。

外に面した躯体壁から間仕切り壁にも伝わり、カビが発生したためです。

 

カビはアレルギーの元になったりと、見過ごせるものではありません。

マンションでも戸建てでも、カビでお悩みがありましたら、

まずはご相談下さい。

アドバイザー 栗原

アレルギーの原因に?マンションのカビ対策を真剣に考える1

マンションにお住まいの方からのご相談で、

水まわりや内装の次に多いのがカビや結露に対するお悩みです。

●窓のガラスやアルミに結露

朝起きると、サッシがビショビショになっていて、サッシのゴムの部分が

カビて真っ黒になっていたり…

これは寒い外と暖房をつけた室内の温度差により起こるもの。

対策としては、インナーサッシがお奨めです。

インナーサッシ

インナーサッシには、シングルガラス、複層ガラス、遮熱複層、高断熱複層等様々です。

部屋や生活の状況等を伺い、どれが良いのかを提案させていただきます。

和室の障子がある部屋には、障子風もあります。

防音効果も抜群!上の画像のお施主様宅は線路沿いなんですが、

電車の音が軽減されたと、お言葉を頂きました。

 

次回はマンション躯体壁のカビ対策現場からお届けします。

アドバイザー 栗原