外壁・屋根 改修工事中

外壁と屋根の改修工事中の現場ですが、先日からの雨で作業が進みません。

何だか台風まで近づいてきているし・・・

この現場は、最初は木張りの外壁でしたが、今回の工事で板金(ガルバニウム)へ張り替えとなります。

DSC_6435 (480x640)

 

1507767378078 (480x640)

黒い板金での仕上げなので、全体的なイメージはだいぶ変わると思います。

お施主様も完成が楽しいだと思いますが、私も早く足場を撤去して全体的な姿を見たいです。

因みに、この雨でご迷惑をお掛けしているのは工事中の方だけではなく、この後の工事予定の方も、開始目処が立たないなど、やはりご迷惑を掛けてしまっています。

皆さん雨続きということでご理解頂けていますが、大変申し訳ない限りです。

リフォーム部 田口

 

 

 

屋根の棟板金の下はこんな感じです。

雨漏れがするため見てほしいとの依頼で、お客様の家へ行ってきました。

屋根に登ると、原因が一目瞭然な状態!

屋根の棟板金が綺麗に無くなっていました。

DSC_6102 (480x640)

写真の様に、傾斜の違う屋根と屋根の繫ぎ部分は、棟と呼ばれる板金が取り付けてありますが、下地の貫と呼ばれる木が腐食すると、板金を止めている釘が抜けやすくなるため、強風などで板金が剝がれてしまうケースがあります。

ここまで綺麗に無くなっているケースも少いですが、このままでは雨が入り易いため修理は必須となります。

屋根は自分達ではなかなか確認が出来ない部分なので、雨漏れがあって初めて分かることは多いと思います。ただ以前にも書いたように、棟の板金釘は緩んでいる物が多く、必ずしもこの様な状態になる訳ではないので、突然訪問してきた業者の方に不安を煽るようなことを言われても、すぐ工事を依頼するなどはしない様ご注意頂きたいと思います。

こちらのお宅は、剝がれた部分だけではなく、その他の棟部分も弱ってきているため、全体的な棟交換のお見積をご提出予定です。

リフォーム部 田口

屋根の問い合わせが多発!

最近屋根のお問い合わせが多く、普通であれば喜ばしいお話なのですが、今回お問い合わせ頂く内容のほとんどが、突然訪問してきた職人風の方に、屋根の一部が劣化していると言われたから、というものです。

以前にもブログでお話したことがありますが、「近くで工事をやっていて、こちらの屋根が気になったから」と声を掛けてくるケースがほとんどです。

一般の方は屋根に登ったりしないため、言われてしまうと心配になります、ここで気を付けなければいけないことは、『絶対に屋根に登らせてはいけない』ということです。

実際にあった話ですが、瓦がずれていると言われたと連絡を頂き当社で点検してみると、明らかに故意に瓦をずらした様子が伺えました。

お客様に確認したところ、無料で見てくれるからということで登らせたそうです。

その部分は簡単にはめ直して綺麗になりましたが、おそらくそのまま屋根修理に進まれてしまう方もいると思います。

その場合の見積金額がいくらになるのか分かりませんが、全く意味のない工事になりますので、十分注意して頂きたいと思います。

もちろん全てのケースが上記のようなものではないかもしれませんが、私がこの流れでお話を頂いたケースは今のところ100%問題ない状況でした。

 

話は変わりますが、明日は当社恒例の「エコモノ市&リフォーム相談会」です。

お天気も良さそうなので、皆さま是非ご来場ください!

リフォーム部 田口

DSC_5795

屋根のリフォーム工事

先日会社に屋根材のメーカーさんが営業に来られました。

商品は非常にお薦めできると思う物でしたので、屋根の葺き替えや上貼りを検討されている方はぜひご相談ください。

DSC_5721 (640x480)

因みに、材料にもよりますが、屋根工事は施工費がそれなりに掛かります。

実際、今の屋根を塗装するか葺き替えるかを検討されている方もい多く、どちらが良いかよく聞かれます。

昔の家で瓦屋根であれば、耐震性を考えると葺き替えをお勧めする場合が多いです。

カラーベストと呼ばれる屋根の場合は、雨漏れが発生しているのであれば、すぐにでも葺き替えた方が良いですが、特に問題がないけど見た目的に劣化してきているという場合のタイミングは難しいかもしれません。

家全体の寿命を考える必要もありますが、外壁材よりも屋根材の方が先に劣化しますので、塗装を定期的にしていても、いつかは葺き替えが必用になると認識してもらえればと思います。

ご相談お待ちしております。

リフォーム部 田口

 

 

 

 

 

陸屋根の排水対策

良く分からないであろう写真からですが、なんだか分かりますか?

dsc_5443

これは私の実家屋根に排水の落ち葉対策として私が作成したネットです。

通常の雨樋用では枯葉除けネットという商品はあるのですが、陸屋根用の商品が見つからず、色々検討した結果、自分で作った方が早いと思い作成してみました。

材料はホームセンターに売っていた餅焼き網で1枚100円程度。

どの程度の月日で劣化するか分かりませんので、ちょこちょこ様子を見ようと思います。

 

dsc_5448

風対策はレンガです↑

陸屋根はこの排水がつまると、屋上プール状態になり、室内に水が浸入してきますので、枯葉対策は結構重要ですので、こちらが上手く機能したらお薦めしていこうと思います。

リフォーム部 田口

 

金沢区 リフォーム現場紹介

金沢区で只今施工中の現場へ行ってきました。

現場はバルコニー外部の板張りも終了し、内部の大工工事中でした。

・・・・まだ足場があるため良い写真は撮れませんでした。

dsc_0753

dsc_0750

先日もバルコニー部分のアクセント張りをご紹介しましたが、今回は材料や形状が違うため、出来上がりの雰囲気も全く違っていました。

外壁の施工となると足場が必須ですし、費用も20万前後は掛かります。

もちろん家の大きさや、屋根の勾配にも寄ってだいぶ価格は変わりますが、せっかく足場を架けるのであれば合せて出来ることはやっておいた方が無駄がありません。

戸建にお住まいの方は外壁のメンテナンスがいづれ必要になりますので、その際は塗装などに合わせてアクセントに木張りをされるのも良いのではないでしょうか。

 

リフォーム部 田口

耐震性能が格段にアップ!屋根の軽量化リフォーム

耐震のご相談のお客様宅で、屋根の軽量化工事を行いました。

セメント瓦から金属屋根、ガルバリウム鋼板へ葺き替えます。

屋根の軽量化

耐震補強設計の経験上、屋根をそのままで、筋交い等で壁の補強をするよりも

2~3割程度、壁の補強箇所が減ると思われます。

屋根 ガルバリウム鋼板

和風の家屋でしたので、棟も金属ながら箱タイプ、鬼瓦タイプをお選びいただきました。

金属 箱棟

瓦から金属屋根になりますので、天井裏の断熱も増しました。


 

屋根のメンテナンスのタイミングは?

何に葺き替えるのが良いのか?

いくら位かかるの?

屋根のリフォームご検討の方は、是非ご相談ください。

強風等で被害が出た場合には、保険対応できる場合もあります。

リフォーム部 栗原