浴室改修工事と耐震工事

耐震性を気にされて補強工事をしようと検討している方は、浴室がタイル貼りのタイプであれば、必ず一緒に浴室改修工事をして頂きたいと思います。

なぜかと言えば、浴室改修工事でタイル貼りの浴室からユニットバスに改修する場合、まずは今の浴室を写真の様に完全に解体します。

DSC_5777 (480x640)

この解体をすることで、家の躯体である柱や土台が良く見え、腐食具合を確認することが出来、腐食があれば修理することが可能になる訳です。

耐震工事は躯体の強度やバランスを良くする工事なので、もし浴室廻りの躯体が腐食していると、全体の強度やバランスが崩れてしまうので、浴室の躯体補修は非常に重要になります。

耐震工事を検討されている方は参考にして頂ければと思います。

因みに今回の写真現場は、ほぼ腐食していない状態でしたが、腐食していないケースの方が稀だと思います。

リフォーム部 田口

 

 

 

 

梅雨の晴れ間に・・・水廻りとマスのおはなし

辻堂周辺はすっきりとしたお天気になりましたね。

稀代の雨男の田口は、昨日雨の中、北海道ツーリングの旅へと出発していきました。
確か綿密に組まれた行程表には(←さすが!段取り八分ですね!)今日はフェリーに乗ると書いてあったと思いますが、予定通り動くとよいですねー。

さて、日を追うごとに暑くなっているようですが、
この時季、ecomoリフォーム部では「一番暑くなる時季にお客様がちゃんと入浴できるように」ということで、浴室がらみの水廻り現場は特に急ピッチで進めております。
一週間近く真夏にシャワーが浴びれないのはつらいですものね。

 

DSC068001

写真で土の中に埋まっている円形状の物が塩ビマスです。
浴室など水廻りを改修する際に、我々リフォームアドバイザーか現場監督がマスやトラップの状況を確認させていただきます。
状況によっては、マスの交換工事なども発生する可能性もあります。

時々、「トイレの排水が詰まった」というお問い合わせを頂くことがあるのですが、その原因で意外と多いのが、マスの中に樹木の根っこが侵入し、栄養を得て巨大に成長していた!というものです。
この場合、弊社では施工ができませんので、業者さんを紹介させていただく形になります。
また過去に、排水管の中にモグラが侵入し、マスの中に石を詰められ排水が流れなくなった、ということもありました!
普段見えない場所なので、このように知らないうちになにかアクシデントが発生していることもあります。

「マスなんて土の下に埋まってどこにあるかわからない」というお宅もあるかもしれませんが、
いざというときにすぐ確認できるように、見えるようにしておくとよいと思います。

リフォーム部 鹿又

ユニットバスリフォーム講座5 バリアフリーを考える

こんにちは、本日は浴室リフォームの際のバリアフリーについて考えてみましょう。

・洗面室とユニットバスの床が、段差無しになります。(戸建ての1階の場合)

・滑りにくい床材になる。

・ユニットバスの内部に、手すりを取り付ける。(戸建て・マンション共に)

・ヒートショック対策で断熱を考える。(戸建て・マンション共に)

バリアフリーと聞くと、段差解消が頭に浮かびますが、手すりや断熱もバリアフリーといってよいでしょう。

元々ユニットバスの床材は、タイルなどに比べて滑りにくいです。

洗面から浴室へは床の段差無し、浴槽に入るまたぎも昔から比べれば低いと思います。

手すりは、ショールームで検討しましょう。多く選ばれている手すりは、浴槽から起き上がる際と、浴槽をまたぐ際に便利な位置にあるものです。

ユニットバス手すり

画像をご覧ください。シャワーの付いている縦の棒?は、浴槽をまたぐ際に手を掛けて良いものです。

将来を見据えての考えも必要です。

リフォーム部 栗原

 

ユニットバスリフォーム講座4 タイルの浴室を解体すると…

戸建てのタイルの浴室をユニットバスにリフォームする場合、

床(洗い場)から浴槽、壁天井全てを解体します。

木造戸建てでは、土台や柱等の躯体が見えてきますが、ほとんどのお宅様で腐朽が見られます。

在来浴室からユニットバスへ

在来浴室解体時にみられる腐朽を挙げてみます。

・タイルから水が染み出て、躯体(土台や柱、窓まわり等)が腐っている。

・湿気が多いので、シロアリを呼びやすい。

・浴室入口や洗面室の床が腐って、ブカブカする。

もちろんecomoでは、ユニットバスへのリフォームの際に腐朽箇所の復旧工事を行いますので、安心です。

リフォーム部 栗原

 

ユニットバスリフォーム講座3 危険なヒートショック!

浴室のリフォームを考えられるポイントとして、寒さ対策を一番に挙げられるお施主様が多いです。

”ヒートショック”という言葉をお耳にされた方も多いと思います。

温かいお部屋から、寒い洗面室で服を脱ぐ、寒い浴室、お湯につかる、お風呂を出る、といった入浴の一連の流れで、人の血圧の変化が大きく起こるというものです。

心臓や血管に大きな負担がかかることになりますね。

このヒートショックを和らげる2つのポイント、洗面室と浴室を温かくする、お湯をぬるめにする、が重要!冬でもぬるめのお湯がいいそうです。


リフォーム時に可能な、ヒートショック対策を挙げてみましょう。

・戸建て在来浴室(タイルの浴室)をユニットバスに変える

・戸建て、マンション共に、ユニットバスにオプションで断熱を付ける

・浴室、脱衣室の暖房を考える(ユニットバスのオプションで可能)

・戸建ての場合、外壁に面した壁に断熱材を入れる

・窓がある浴室では、窓の断熱を考える(サッシ交換や、浴室用インナーサッシ等)

ユニットバス 施工中

画像は、洗面脱衣室と浴室改修工事中です。

壁に断熱を入れたり暖房機を付ける工事も、併せて行えば簡単そうですよね

浴室リフォームの際には、ヒートショック対策も併せて考えてみましょう。

リフォーム部 栗原

ユニットバスリフォーム講座2 併せて給湯器交換も?

浴室リフォームをご検討の方で、給湯器も一緒にとお考えの方が多いです。

ユニットバス工事の際に、現況で追炊き(これは給湯器の機能です)があるのかどうか?をまず確認します。

ユニットバスリフォーム

追炊きが無ければ、付けられるのかどうか(給湯器交換できるのかどうか)を判断し、お客様と相談します。

私達の判断のポイントを挙げてみます。


戸建て在来浴室(タイルのお風呂)やユニットバスから、ユニットバスにリフォームする場合は、浴槽のをチェック!

・追炊きが無い場合は、給湯器交換をすれば追炊きが可能に

・浴槽に縦に2つの穴がある追炊きの場合、給湯器交換をしなければならない

・1つの穴で追炊きされている場合、給湯器はそのまま使えます


マンションのユニットバスを新しくする場合も浴槽をチェック!

・追い炊きが無い場合、基本追炊きは不可能ですが、稀に…

・1つの穴で追炊きの場合、給湯器はそのまま使えます

 

特殊な給湯器も存在しますので、ご相談の場合は既存の品番がわかればお教え下さい。

リフォーム部 栗原

ユニットバスリフォーム講座1 マンションユニットバス編

数回にわたり、ユニットバスリフォームのポイントを挙げてみましょう。

今回は、マンションのユニットバスをリフォーム(交換)する場合のポイントです。

マンションリフォームでは、コンクリート躯体に囲われているので、

大きな改修を除いては、既存と同じサイズの入れ替えとなります。


マンション ユニットバス 藤沢市

商品メーカー側も少しでも広く、という商品改良を重ねておりますので、

こちらのお施主様宅では、1216サイズは変わらずに、

浴槽が10cm程長くなりました。足が伸ばせますね~

リフォーム前にじっくりと採寸することにより、ユニットバスサイズも

短辺・長辺それぞれ、5cm大きくできる場合もあります。


 

浴室の隣には洗面脱衣室があります。

洗面室から浴室への扉は、ユニットバス商品の一部ですので、

ユニットバス交換の際は、必ず洗面室側のリフォームも必要です。

①洗面室の内装(クロスや床材)も、併せてリフォームする方法

②洗面室の内装はそのままに、ドアの枠だけ工事する方法

後者の方がリフォーム費用は安くすみますね~

リフォーム部 栗原